フレッツ光クロスのデメリットと注意点 10G、5Gの超高速通信が可能に

フレッツ光クロスのデメリットと注意点

いよいよ2020年4月よりフレッツ光クロスがリリースされる。なんと10Gもの超高速通信が可能になるのだ。と喜んでる方はいるだろうか。

確かに10G、5Gの超高速通信が可能にはなりました。今までの10倍もの速さを体感したい気持ちはわかります。しかし、その超高速通信が可能になっても受け皿がありません。

その超高速通信を体感できる環境がないという事です。これを宝の持ち腐れとも言います。

フレッツ光も速くなりました。1Gになって速くなったと思いましたね。そこで端末やLANケーブルに無線LANルーターなどが1Gに対応したものが登場し、実際に1Gを体感することが出来たのです。

そして、フレッツ光クロスが登場し、いよいよ10Gの世界にと言いたいところですが、LANケーブルや無線LANルーターが10Gに対応していないとそれほどの速度は体感することが出来ないでしょう。もちろん、端末もです。

デメリット1:10Gに対応した環境が整ってない

デメリット2:料金が高くなる

デメリット3:提供エリアが狭い

以上です。10Gになれば、当然ですが1Gよりも料金は高くなります。そして、まだ登場したばかりですので、提供エリアも狭いです。東京都内の一部と名古屋市、大阪市になっています。

つまり、まだ日本の大多数の方々は利用出来ないってことです。これから徐々に広まっていくとは思いますが、全国に行き届くまでは時間がかかるでしょう。