プロバイダー乗り換えの注意点を6つにまとめました

40プロバイダー一覧へ

注目のプロバイダー乗り換えキャンペーン!

GMOとくとくBBドコモ光のキャンペーン内容

1.20,000円キャッシュバック!

2.最大5,000ptdポイントプレゼント!

3.新規工事費無料!

4.Wi-Fiルーターレンタルがずっと0円!v6プラス対応

5.家族のドコモスマホが永年1,000円割引

公式サイト⇒GMOとくとくBBのドコモ光

a

OCNドコモ光のキャンペーン内容

1.IPoE対応レンタルルーターがずっと無料(OCN光では有料)

2.ホームネットセキュリティが12ヶ月無料

3.開通とことんサポートが初回だけ無料

4.総合セキュリティサービスが12ヶ月無料

OCNドコモ光では更に!

5.新生活&引越し 応援パックでは、最大32,000円キャッシュバック!

6.20,000円キャッシュバック!

7.最大5,000pt dポイントプレゼント!

8.新規工事費無料!

公式サイト⇒安心のNTTグループ『OCNforドコモ光』
a

プロバイダー乗り換えナビのもくじ

プロバイダー乗り換えの注意点!6つのポイントにまとめました

 

超初心者でもわかるプロバイダー乗り換え手順をまとめました

 

プロバイダーの設定をする

プロバイダー変更料金一覧(40プロバイダー一覧)

OCN光 So-net光 BIGLOBE光 nifty光
一戸建て:5,100円
2,980円
4,980円
4,600円
マンション:3,600円
1,980円
3,980円
3,480円
ソフトバンク光 楽天ブロードバンド光 ドコモ光 auひかり
一戸建て:5,200円
4,800円
5,200円
5,200円
マンション:3,800円
3,800円
4,000円
3,800円
DTI光 エキサイト光 GMOとくとくBB NURO光
一戸建て:3,600円
4,360円
5,960円
4,743円
マンション:2,400円
3,360円
3,380円
4,743円
So-net auひかり かもめインターネット ちょっパヤ!ネット So-netコミュファ光
一戸建て:3,480円
2,366円(プロバイダー料金)
2,366円(プロバイダー料金)
4,110円
マンション:1,980円

2,366円(プロバイダー料金)
2,366円(プロバイダー料金)
3,980円
ぷらら光 エディオンネット アサヒネット ピカラ光
一戸建て:4,800円
5,200円
4,080円
4,500円
マンション:3,600円

3,800円
3,400円
3,400円
オープンサーキット WAKWAK アット光 光ギガ
一戸建て:1,980円
5,940円
4,600円
5,300円
マンション:1,980円
4,620円
3,600円
5,100円
niftyドコモ光 GMOとくとくBBドコモ光 GMOとくとくBB auひかり J:COM
一戸建て:5,200円
5,200円
5,100円
3,937円
マンション:4,000円
4,000円
3,800円
3,500円
iSmartひかり ブロードエース アイレスネット グリーンネット
一戸建て:5,400円
1,800円(プロバイダー料金)
マンション:3,700円
1,800円(プロバイダー料金)
hi-ho U-NEXT光 Yahoo!BB AOL
一戸建て:
マンション:
インターリンク クイック光 DMM光 Marubeni光
一戸建て:
マンション:

プロバイダー乗り換えの注意点!6つのポイントをまとめました

その1.プロバイダー乗り換えキャンペーンの注意点

誰もがプロバイダーを乗り換える時に注目するのがキャンペーンだと思います。でも、うっかり手にしてしまったがために、大きな落とし穴に落とされることもありますよ。

 

割引キャンペーンって、地味なようでとてもありがたいものです。毎月のお支払いが安くなるので、重宝されると思いますが意外にも落とし穴はあります。それが縛りなのです。

 

割引キャンペーンを見ると、〇年割引とか書かれてます。それが縛りに繋がります。その期間内に乗り換えると違約金が発生してしまうからなのです。これが縛りです。注意したいですね。

 

その2.キャッシュバックの注意点

キャンペーンで花形と言われるのがキャッシュバックです。キャッシュバックを貰ったからと言ってその後に違約金が発生する事もなしし、数万円もの高額なお金を貰うことができるので、とてもおいしいキャンペーンですよね。

 

しかし、そんなに甘いものではないのです。キャッシュバックが振り込まれるのが数ヵ月後と言う事が多いのですね。これは、キャッシュバックを振り込んだすぐにも他社へ乗り換えを防止するためでもあるのですが、1年後という場合もあるので注意が必要ですね。

 

その3.通信速度の違いでの注意点

通信速度の違いと聞くと「ん?!」と思うかも知れませんね。同じフレッツ光であっても、プロバイダーが変わるとガラリと通信速度が違ってしまうこともあります。それは、プロバイダーの規制だったり、プロバイダーの本来の容量だったり、いろいろな要素があるので必ずしも同じフレッツ光だからということで一緒とは言えません。

 

また、同じフレッツ光でも人気プロバイダーだったり、同じ地域に同じプロバイダーが多かったりした場合は、混み合う時間帯になると急に遅くなったりすることがあります。これも注意したいところですね。

 

その4.初期費用の注意点

インターネットを契約すると高額な費用が発生します。例えば工事費です。フレッツ光なら15,000円~18,000円はかかります。auひかりなら30,000円~37,500円もかかってしまいます。この点は注意したいですね。

 

他にも工事をしなくても必ず必要なのが事務手数料です。各社いろいろですが大まかに2,000円~3,000円は必要となります。この点も注意して下さいね。

 

その5.月額料金の注意点

プロバイダーを乗り換えると最初に気づくのが料金です。以前利用してたプロバイダーより高くなったり、安くなったりと注意したい点はありますね。それだけではなく、オプション料金なども注意したいところはあります。

 

v6プラスのルーターレンタル料金が有料だったり、無料なところもあったりとバラバラです。メールアドレスにしても、何個までは無料なところもあれば、1個だけでも有料なところもあります。その点は注意したいですね。

 

オプションのために月額料金が高額になってしまう事もあるので、乗り換える前に注意したいところです。また、支払い方法もクレジットカードの他に利用できるものが違う場合があるので、その点も注意して確認をしておきましょう。

 

その6.メールアドレスの注意点

プロバイダーを乗り換えるとメールアドレスが変わってしまうことに気づかされます。以前までプロバイダーから配布されていたメールアドレスが使えなくなり、困ってしまうこともありますね。

 

そんな時は、以前までプロバイダーから配布されていたメールアドレスを使い続けることが出来るサービスもあります。それは、最小契約をすることで残すことが出来ます。以前のプロバイダーに問い合わせてみましょう。但し、契約を解除した後では難しいので乗り換える際に検討してみて下さいね。この点は注意して下さい。

 

超初心者でもわかるプロバイダー乗り換え手順をまとめました

世間にはアナログ人間とデジタル人間がいます。デジタル人間なら、最新の情報機器を扱うのでも見ただけで感覚的にわかってしまうものですが、アナログ人間にとっては何がなんだか理解不能な部分もあります。何を隠そう私自身もアナログ人間なので最新の情報機器の扱いには不慣れです。

 

そんなアナログ人間でもわかる超初心者向けのプロバイダー乗り換え手順を紹介しますね。

 

1.プロバイダーを選ぶ

プロバイダーを申し込む前にやらないといけない事があります。それが選ぶってことです。もう既にどこに申しこむか決まってる方はスルーして頂いて構いません。もし、どこに申しこむかまだ決まってない人はここで選択をしなければなりません。

 

超初心者のアナログ人間がプロバイダーを選ぶなんて出来るのか。出来ます!ポイントがわかれば簡単なのです。プロバイダーを選ぶポイントは「料金」「通信方法」「サポート」です。この点を理解して選びましょう。

 

料金

プロバイダーの料金設定は、大きく分けて2つのパターンがあります。「戸建て」と「マンション」です。現在、住んでる住宅タイプはどちらになるのかを確認してくださいね。例えアパートであっても、マンションにあたらない場合もあるので、その点は大家さんなどに確認をして下さい。

 

通信方法

通信方法も選ぶポイントになります。インターネットをするのですからとても重要なポイントになります。光回線でも何ギガなのかで通信速度も変わってきます。この通信速度はあくまでも最大の速度です。契約すればその速度でインターネットが出来るとは限りません。

 

必ず最大速度から損失されるのが普通で、1ギガでも実際の通信速度は200メガだったり、それ以下の場合もあります。

 

サポート

アナログ人間の私は、サポートなしでは生きていけません。というのは大げさですが、デジタルなプロバイダーやインターネットに関することでアナログな人間が上手くいくはずがありません。そこで、サポートの手助けが必要になります。

 

申し込む前に事前にプロバイダーのサポートへ電話してみるのも確かめる一つの手です。つながり具合やサポートの電話に出てくれる方の対応などを自分で確認するのもいいですね。

 

 

2.申し込む

申し込むプロバイダーが決まれば、あとは申し込むだけです。申し込む際には、「クレジットカード」や「住所」「名前」「電話番号」など記入漏れがないかを確認して申し込みをしましょう。

 

プロバイダーへ申し込むと1週間ほどしたら、封書で重要な「プロバイダーID」や「パスワード」が送られてくるので、捨てずに保管しておいて下さいね。これから、何度でも必要になると思います。それはまた乗り換える際にも必要になってくるからです。

 

 

3.プロバイダーの設定をする

ここでアナログな人間にはとても苦手な事が起こります。それは、プロバイダーを端末に設定することです。超初心者でもわかるようにプロバイダーの設定方法を紹介していきますね。Windows8などのサポートも終わり、Windows10のみとなりました。

 

なので、ここではWindows10のパソコンに設定する方法を紹介していきます。但し、申し込みをした際に「v6プラス」および「OCN光v6アルファ」を申し込みされた場合は、プロバイダーから専用ルーターが送られてきます。そのルーターを設置して電源を入れて、つなげれば設定不要でインターネットにつながります。なので、これから説明することは不要です。

 

Windows10のパソコンへのプロバイダー設定方法を説明

Windows10の最新のパソコンへのプロバイダー設定の順序を説明します。

 

設定

パソコン画面左下のスタート、電源オフをする場所にマウスを持っていきます。そして、右クリックしてみて下さい。そうすると、上の写真のようなものが出てきます。

 

その中から「コントロールパネル」を選択しクリックして前に進めましょうね。

 

設定

上の写真は「コントロールパネル」が立ち上がった状態です。その中から左側にある「ネットワークとインターネット」を選択しクリックします。

 

設定

上の写真のようなものが立ち上がったら、上側の「ネットワークと共有センター」のなかの青い文字で書かれた部分に注目します。

 

ネットワークと共有センターの下にある青文字の「ネットワークの状態とタスクの保存」を選択しクリックします。

 

設定

上のような写真が立ち上がったら、「基本ネットワーク情報の表示と接続のセットアップ」の中からネットワーク設定の変更下にある青文字の「新しい接続またはネットワークのセットアップ」にマウスを充ててクリックしてください。

 

設定

上の写真のようなものが立ち上がってくるはずです。「接続またはネットワークのセットアップ」です。その中から一番上の「インターネットに接続します」にマウスを充て選択した状態で、右下にある「次へ」をクリックします。

 

設定

上のようなものが立ち上がってきます。「どのような方法で接続しますか?」とあるうちから「ブロードバンド(PPPoE)」と書かれた部分を選択しクリックします。

 

設定

上のようなものが立ち上がってきます。既に接続がされていれば「既にインターネットに接続してます」と表示されますが、まだの場合は青文字の一番下「新しい接続をセットアップします」を選択しクリックします。

 

設定

上のようなものが立ち上がってきたら、プロバイダーから送られてきた書類に書かれていた「プロバイダID」と「パスワード」を写真の部分に入力していきます。一文字でも間違えると接続できませんので慎重に打ち込んでいきましょうね。

 

全てが入力終われば、一番下の「接続」をクリックします。どうでしょうか? インターネットに繋がりましたか?

 

ご苦労様でした。もしインターネットに接続出来てない場合は最初からやり直してみて下さい。また、しっかりとインターネットに接続されているか確かめてみて下さい。 例えばルーターの電源など。

 

上記Windows10へのプロバイダー設定方法の参考サイトはこちら⇒https://www.xn--r8j3g1c6e6cwbykxep450a073b.jp.net/

 

4.今まで契約してたプロバイダーを解約する

ここで問題が発生します。それは2重契約という問題です。基本的に2重契約は出来ません。なので、プロバイダー設定が終わりインターネットの接続が出来たなら速やかに今まで契約してたプロバイダーを解約しましょう。

 

デジタル人間なら、インターネットから解約も出来るのですが、アナログ人間には理解不能です。そこでサポートが必要となります。今まで契約してたプロバイダーのサポートへ速やかに連絡をして解約を進めましょう。

 

どうでしたか?アナログ人間には理解不能なところもあると思いますが、一つ一つ丁寧に作業をされれば誰にでも出来ますので挑戦してみてくださいね。

 

まとめ

超初心者でアナログ人間な方にお勧めは、「v6プラス」および「OCN光v6アルファ」です。v6プラスの本来の目的は、混雑を避け潤滑にインターネットが楽しめるですが、アナログ人間にとってはもっと重大なことがあります。

 

それは「プロバイダーの設定」および「ルーターの設定」が不要と言う事です。プロバイダーから送られてきたレンタルルーターを接続し電源を入れるだけでインターネットにつながります。これは、アナログ人間にとってとても助かることですね。

 

プロバイダーを乗り換えるならv6プラスがあるプロバイダーへ乗り換えることをお勧めします。

 

参照にしたサイトはこちら⇒https://www.xn--r8j3g1c6e6cwbykxep450a073b.jp.net/